忍者ブログ

スーパーコピーブランドwww.ninnkitokei.com/

世界的なファッションバイヤー、マリア・ルイーザの軌跡 

世界的なファッションバイヤー、マリア・ルイーザの軌跡  │ブランドコピーファッション情報 モンブラン スーパーコピー 【4月14日 Relaxnews】ファッション界で最も有名なバイヤーの一人として知られるマリアルイーザプマイユ(Maria Luisa Poumaillou)、通称マリアルイーザが7日、死去した。マリアはがんを患っていた。  マリアは1950年代にベネズエラで生まれ、7歳の時にパリ(Paris)へ移住。以後同市に暮らし、名門パリ政治学院(Sciences Po)で学びながら、生涯情熱を傾けられるものに出会った。それがプレタポルテだった。  マリアは1980年代後半に、パリ高級地区のカンボン通り(Cambon Street)に自らの名を冠したブティックをオープン。その後さらに2店舗を市内の別の場所に開設した。複数のブランドのアイテムを販売するセレクトショップの先駆けで、若く無名ながら才能あるデザイナーの作品を取り揃える店として人気を集めた。ここ5年は、今年創業150周年を迎えたフランスの老舗デパート「プランタン(Printemps)」で、ファッションエディターを務めていた。

■類まれな「目利き」  マリアのキャリアを振り返る時、何より明らかなことが一つある。彼女が将来有望なデザイナーを見出す天才だったということだ。マリアは自身のショップで、アレキサンダーマックイーン(Alexander McQueen)、リックオウエンス(Rick Owens)、ジャンポールゴルチエ(Jean Paul Gaultier)、ヘルムートラング(Helmut Lang)ニコラジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)、マルタンマルジェラ(Martin Margiela)らを紹介。彼らはいずれも後に世界的なファッションデザイナーやクリエーティブディレクターになった。  これら著名デザイナーらのコレクションはマリアのブティックで20年以上にわたって販売されてきた。しかしマリアは2010年に自らのショップを閉め、新たなキャリアに乗り出した。それが「プランタン」のファッションエディターだった。  パネライ スーパーコピー 世界各都市で行われるファッションウィークに必ず出席し、「プランタン」で紹介する次世代のデザイナーを見出してきた。またブライダル部門も担当し、エリーサーブ(Elie Saab)、ローランムレ(Roland Mouret)、ヴィクトリアベッカム(Victoria Beckham)、アレクサンドルボーティエ(Alexandre Vauthier)、デルフィーヌマニヴェ(Delphine Manivet)らのドレスを紹介してきた。  先月20日から正式に始まった「プランタン」の創業150周年記念イベントでマリアは、同店のシンボルとなっているフラワーとピンクという2つのテーマでカプセルコレクションを展開。メンズとウイメンズの両ラインで、鮮やかなピンクと黒のフラワーモチーフをあしらったアイテムなどをデザインした。  マリアの訃報を受け、「プランタン」のパオロデチェザーレ(Paolo De Cesare)会長兼CEOは、「『アバンギャルドシック』の象徴だったマリアは、ファッションに対して比類のないクリエイティブなビジョンを持っていました。2009年以降は『プランタン』でその才能を発揮し、同店のリニューアルにも力を貸してくれました」と弔辞を発表した。(c)Relaxnews/AFPBB News タグホイヤー コピー
PR

コメント

プロフィール

HN:
www.ninnkitokei.com
性別:
非公開

P R